ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

恋をするのが怖い―美しき報復〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベス・ラッセルは中世のたたずまいを残す小さな町で、陶器とクリスタルの店を親友のケリーと共同経営している。彼女は恋人と信じ込んでいた男性の手ひどい裏切りに遭い、心の傷を癒すため、商品の買い付けを兼ねてチェコへ旅立った。プラハで、ベスは同じイギリスから来ていたアレックスと出会い、彼を通訳に雇ってクリスタル工場めぐりを始める。本国で大学教師をしている彼にはチェコ人の血が流れており、クリスタルに造詣が深く、ベスの仕事にあれこれ口をはさんだ。ベスは知的でハンサムなアレックスに魅力を感じていたが、口出しが過ぎる彼に不満を募らせ、ある日、一方的に解雇する。だが、その翌朝、ウエイターになりすました彼がベスの部屋に…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛という名の遺産〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父チャールズ・ランドンが遺したハリウッドの映画製作会社は経営状態が悪化して、破産寸前になっている。解決には、次男ザックがあたることになった。会社の経営を任されているのは、イブ・パーマーという若い女性だった。その美貌を武器に、親父をたぶらかして現在の地位についたんだろう。ザックにそう思わせるほど、イブは魅力的だった(『シネマ・ウエディング』)。「ぼくみたいな男を欲しがっている自分にうんざりしていませんか?」ある慈善パーティの会場で、カイラは耳元にささやきかけられた。相手は長身で最高にハンサムなラテン系の男性だ。彼は続いてさらに悔辱的な言葉を投げつけ、去っていった。それから数週間後、カイラはカリブ海への旅に出た。だが、ベネズエラの港町で、パスポートも財布も盗まれてしまう。そこに現れたのが、パーティで出会った無礼な男、アントニオだった(『春の花嫁』)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラブ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛よ、おかえり〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『禁じられた恋』―シカゴで秘書をしているマギーは、以前働いていたダブルC牧場へ三年ぶりに帰ってきた。そこでマギーはダニエル・クレイと再会する。かつて許されない恋の激しさにおののいたふたりは、今も続く苦しい思いにピリオドを打とうと、一夜だけの約束で愛を交わしてしまう。『クリスマスに指輪を』―診療所で働くレベッカのもとに、患者がやってきた。なんとレベッカの学生時代の恋人ソーヤだ。海軍の仕事を優先して去っていった男性だった。動揺するレベッカをよそにソーヤは平然としている。交通事故で記憶を失ったらしい。彼は体を近づけて言った。「なんの香水だい?その香りに覚えがある」。

内容(「MARC」データベースより)
シカゴで秘書をしているマギーは、3年ぶりに以前働いていた牧場へ帰って来た。そこでマギーはダニエル・クレイと再会し、一夜だけの約束で愛を交わすが…。2000年刊「禁じられた恋」「クリスマスに指輪を」の合本。

日曜生まれは可憐に―あの歌を憶えていたら〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ニックがお医者さまになって戻ってきたのよ」養母の口から出た懐かしい名前に、リンゼイの胸はきゅんとなった。赤ん坊のときから自分を育ててくれたヒルマン夫妻は、身寄りのない子供たちに家庭を与え、何人も社会に送りだしている。ニックはリンゼイが九歳のときに引き取られてきた。不幸を背負った少年はなかなか心を開こうとしなかったけれど、リンゼイはひと目見て、淡い憧れの気持を抱いたのだった。養父母たちから充分に愛情を受けながら、当時の彼女は、それでも自分には何かが欠けていると感じていた。同じような満たされない思いを少年の中にも発見したのかもしれない。いまや、ダークスーツに身を包んだニックには、ぼさぼさ頭のひょろひょろっとした少年の面影はなかった。じっと見つめられ、リンゼイは思わず頬を染めた。

ワイルド・フォレスト (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わたしにはあなたしかいない!予期せぬ飛行機事故。奇跡的に生き残ったのは心に暗い影を持つ男と光り輝く世界に生きる女。衝突を繰り返しながらも生きるために支えあう二人の運命の行方は…?晩秋の森に突然取り残された、見知らぬ男と女。生きるための戦いが、今はじまった…。

ネイビー・ウーマン―恋人はネイビー〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
もううんざりだわ。ニューランド中佐はなぜ冷たくするの?ハワイからワシントンへ転勤してきて一カ月。キャサリン・フレデリクソンは少佐として着任以来、上官のロイス・ニューランドに、つらくあたられている。ハワイではみんな友だちみたいで、一緒に働くのが楽しかったのに。彼は長い髪の女になにかうらみでもあるの?噂では独身らしいけど、ちっとも不思議じゃないわ。だけど、仕事ができて、男らしくハンサムなのは認めざるをえない。ときどき、まるで珍しいものでも見るようにじっと見つめられ、キャサリンは中佐の心が量りかねた。それに、とまどってしまう自分自身もわからない。しばらくして、週末にショッピングを楽しんでいるとき、キャサリンは思いがけない姿の中佐と出会った。片手で少女の手を引いている。どう見ても親子だわ。彼は結婚していたの?じゃあ、あの熱い視線はなんなの。

夢がさまよう森―遠い昔のあの声に〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マッケイド四兄弟の長男ジェイリッドは、法廷で圧倒的な存在感を持つ弁護士だ。その際だった容姿に、多くの女性はため息をもらす。だが今、ジェイリッドはいらだっていた。父親が死んで遺産を残された女性が近くに住んでいる。相続のことで連絡をとろうとしているのに、はじめから無視されてしまったのだ。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも不仲だった父親の話にうんざりしてジェイリッドにそっけない態度をとったものの、彼の魅力的な目と、はっとするようなほほえみに、かつてないほど心が騒いでいた…。

内容(「MARC」データベースより)
父親の遺産を相続した女性と連絡がとれず、弁護士のジェイリッドはいらだっていた。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも、彼の魅力的な目とほほえみに心が騒ぎ…。

愛は脅迫に似て―パリから来た恋人〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サンドリンは新婚六カ月の夫ミシェルに書き置きを残し、ニューヨークからひとりゴールド・コーストにやってきた。映画のオーディションに受かって見事に役を射止めたものの、撮影のあいだ四週間も離れて暮らすなどとんでもないと、ミシェルにオーストラリア行きを強く反対されたからだ。だがサンドリンの意気ごみを裏切るかのように、撮影は大幅に遅れ、資金不足から映画製作自体が暗礁に乗り上げようとしていた。そんなとき、ある人物が映画に資金を投入してくれることになった。パーティの席上、その人物に会ったサンドリンは呆然とする。なんとそれはミシェルだった。彼は怒りをこめたキスで彼女を罰し、投資の対象はきみだと告げる。ぎこちない関係のまま、二人は再びともに暮らしはじめるが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で生涯の伴侶を得たというロマンスの持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ホワイトホーン・マーヴェリック (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ダイアナ・パーマー、アン・メイジャー、そしてスーザン・マレリー。3人の人気作家がモンタナ州の小さな町、ホワイトホーンを舞台に描く、熱い恋とすてきな人生の物語。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マレリー,スーザン
シルエット・シリーズを中心に執筆し、大手書店及び新聞雑誌などのベストセラー・リストの常連でもある人気作家。シルエット・スペシャル・エディションでは、本作「ホワイトホーン・マーヴェリック」のスピンオフを含め9月から彼女の作品が連続刊行される。南カリフォルニアに住む

メイジャー,アン
主にシルエット・ディザイアで活躍する。マロンス小説を読むのも書くのも好きだと公言するだけあって、等身大の登場人物、しっかりしたストーリーライン、セクシーな描写が読者の心をつかみ、同シリーズでもトップ作家の一人にのぼりつめた。趣味は夫とコロラド山中をハンキングすること(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛という名の遺産〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父チャールズ・ランドンが遺したハリウッドの映画製作会社は経営状態が悪化して、破産寸前になっている。解決には、次男ザックがあたることになった。会社の経営を任されているのは、イブ・パーマーという若い女性だった。その美貌を武器に、親父をたぶらかして現在の地位についたんだろう。ザックにそう思わせるほど、イブは魅力的だった(『シネマ・ウエディング』)。「ぼくみたいな男を欲しがっている自分にうんざりしていませんか?」ある慈善パーティの会場で、カイラは耳元にささやきかけられた。相手は長身で最高にハンサムなラテン系の男性だ。彼は続いてさらに悔辱的な言葉を投げつけ、去っていった。それから数週間後、カイラはカリブ海への旅に出た。だが、ベネズエラの港町で、パスポートも財布も盗まれてしまう。そこに現れたのが、パーティで出会った無礼な男、アントニオだった(『春の花嫁』)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラブ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo千葉県の民俗・風俗ooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo 電子たばこooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo 千葉の道の駅ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 家電、AV機器.コレクションooo ハロー!江東区!ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 山手線エリア~銭湯~ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 千葉のショッピングモールooo