ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

プリンスに片想い―カラメールの恋物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ミシェル王子の許嫁である双子の姉になりすまし、キャロラインはカラメールを訪れた。ふだん着ないようなセクシーな服に身を包み、子供のころから憧れていたミシェルの前に立った彼女は、彼の熱いまなざしにときめかずにはいられなかった。ミシェルが求めているのは私ではないと、キャロラインは自分に言い聞かせながらも、彼と過ごす日々を楽しんでいた。だけど、これはひとときの夢だ。すべてがばれたらミシェルは私を憎むに違いない。そして予想していたよりも早く、その日はやってきた。思いがけないミシェルの言葉とともに。

夢がさまよう森―遠い昔のあの声に〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マッケイド四兄弟の長男ジェイリッドは、法廷で圧倒的な存在感を持つ弁護士だ。その際だった容姿に、多くの女性はため息をもらす。だが今、ジェイリッドはいらだっていた。父親が死んで遺産を残された女性が近くに住んでいる。相続のことで連絡をとろうとしているのに、はじめから無視されてしまったのだ。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも不仲だった父親の話にうんざりしてジェイリッドにそっけない態度をとったものの、彼の魅力的な目と、はっとするようなほほえみに、かつてないほど心が騒いでいた…。

内容(「MARC」データベースより)
父親の遺産を相続した女性と連絡がとれず、弁護士のジェイリッドはいらだっていた。しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、彼は美しさに思わず見とれた。サバンナのほうも、彼の魅力的な目とほほえみに心が騒ぎ…。

愛という名の遺産〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『究極のプロポーズ』―父チャールズが生前に買収したダラスの石油会社の経営状態が悪く、どうやら破産寸前らしい。そこで三男ケイドが調査することになったが、意外にも、責任者はアンジェリカというまだ若い女性だった。石油商売のなんたるかも知らない素人に、経営など任せてはおけない。しかしケイドが退陣を迫っても、アンジェリカは頑として譲らなかった。『少女から妻へ』―父は生前、友人から、姪の後見人になってほしいと依頼されていた。長男で弁護士のグランドはさっそく少女クリスタに会いに行った。ところが顔を合わせたクリスタは、もうすぐ二十一歳になるという女性だった!しかも革の超ミニスカートに、セクシーな体の線もあらわな格好だ。グラントは頭を抱えた。こんなに魅力的で気性の激しい相手に、いったい、どんな“生活指導”をしろっていうんだ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ファンタジー―エマ・ダーシー傑作集〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イブにはあまりに大きなショックだった。婚約者のサイモンが女性を必要としない男だったなんて…。闇の中を、イブはひたすらアクセルを踏み続けた。ただ、遠くへ行きたい。すべてを忘れてしまいたい。茂みを抜けると、目の前に海が開けた。車をとめたイブは、ためらわずに服を脱いだ。水の中で、身も心も清めたい―彼女は泳ぎだしていた。水は冷たい。誰かが水を蹴立てて追ってくる音がする。“逃げよう!”が、ふいに脚がつって、イブの体は海中に沈んだ。意識が戻った彼女の前に、男の姿があった。

王様とマーメイド―カラメールの恋物語〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わがままな母と妹を養う義務からやっと解放され、アリーは休暇をとってカラメールへやってきた。ある日、海で泳いでいるうちに流されて溺れてしまい、魅力的だが傲慢な男性に助けられる。なんと彼はこの国の大公、ローヌ・ド・マリーニだった。恐縮するアリーに、彼は自分のために働いてくれと頼む。また何かに縛られるのは気が進まないが、命の恩人、しかも君主の望みとあっては断るわけにもいかない。アリーはしぶしぶ仕事を引き受けたけれど、率直で飾らない彼女と、伝統を重んじるローヌは顔を合わせるたびに衝突してばかりだ。ついに怒りのあまりアリーは、彼に平手打ちを食らわせてしまう。その罰として、ローヌはあることを命じた。

ワイルド・フォレスト (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わたしにはあなたしかいない!予期せぬ飛行機事故。奇跡的に生き残ったのは心に暗い影を持つ男と光り輝く世界に生きる女。衝突を繰り返しながらも生きるために支えあう二人の運命の行方は…?晩秋の森に突然取り残された、見知らぬ男と女。生きるための戦いが、今はじまった…。

恋を生みだす銀貨―エメラルド色の誘惑〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「銀貨を払ったら美女との出会いを予言してくれるかな?」突如現れたハンサムな男性の言葉に、バザーで女占い師を演じていたハリーは顔をしかめた。数時間後、彼女は父親の会社の弁護士として、その男性と再会する。彼の名はクイン・マクブライド、銀行の頭取だという。スキャンダルに巻き込まれそうな妹を救うため、新聞社を経営する父ジェロームの助力を仰ぎに来たらしい。彼はなぜかハリーをジェロームの愛人と勘違いして軽蔑の視線を向けてくる。クインのそんな態度に、彼女はいらだちを覚えた。そのいらだちは、クインが妹を脅迫する新聞記者の名を口にすると、驚愕と怒りに変わった。彼が名指しした記者はハリーの恋人だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

真実よ、今こそ―炎のハート・愛と情熱の物語〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セレスト・キャンブルとバイロン・ホィットモーの反目は有名だ。だがそれはオパールを扱う二つの会社の社長としてばかりではない。セレストの好戦的な態度は、バイロンへの復讐だった―。二十一年前、彼女を地獄に突き落とした男への。しかしパーティーで威風堂々たるバイロンに会ってからというもの彼女の心は乱れていた。私はまだ彼に欲望を感じている…。バイロンが再婚するという噂を聞くと、心はいっそう騒いだ。そして運命は一気に二人を引き寄せた。彼女の放蕩の弟デイミアンが家出したジェマ・ホィットモーをかくまっているというのだ。家出の理由を知ったセレストは、事態を収拾すべく、意を決してジェマの夫の養父であるバイロンに電話した。

愛の輪舞(ロンド) (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
愛する娘タラと裕福な青年ライランドの結婚。それは、母クローディアにとっての最高の幸福となるはずだった。しかし、封印されていた過去の事実を白日のもとにさらす悪夢の幕開けとなってしまった。幸福という踊りの輪に加わった疑惑と裏切り。全世界で発行部数6000万部という超ベストセラー作家、ペニー・ジョーダンが描く、夫婦と親子の愛と信頼、そして裏切りの輪舞。

From Publishers Weekly
A daughter's forthcoming marriage forces a divorced British couple to revisit old secrets in this muddled, talky romance by the author of Power Play. When 23-year-old Tara Wallace announces that she's going to marry her American boyfriend, and that his wealthy aunt will scrutinize her family tree, her mother, Claudia, and father, Garth, must face painful truths they've hidden from their daughter. After setting up a potentially interesting situation, Jordan takes the reader through a series of extended flashbacks as well as frequent digressions into the lives of minor characters. One implausible plot twist is piled atop another; long-awaited confrontations fizzle (for example, the rich aunt dies suddenly before meeting Tara), and the main characters mull their feelings and conflicts at tiresome length. Some masochistic sex scenes may put off romance readers.
Copyright 1998 Reed Business Information, Inc. --このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

目覚めたら恋人同士―美しき報復〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十数年前に若くして夫を亡くしたアンナは、中世の香り漂う町で、女友だちに恵まれ、地味だけれども心穏やかに暮らしていた。ある日、彼女の家に、ひとりの魅力的な男性が訪ねてきた。彼はウォード・ハンターと名のり、初対面のアンナに対して、ジュリアンという男と組んで弟を騙した女詐欺師となじる。私自身がその男に大金を持ち逃げされた被害者なのに。アンナが言い返す間もなく、彼は憤然と立ち去った。同じ日の夕刻、再びアンナの家に出向いたウォードは、頭を怪我して倒れている彼女を発見し、救急車を呼んだ。アンナは病院で意識を回復するが、付き添った彼を恋人と思い込む。記憶を失ったらしい彼女を、ウォードはなぜかほうっておけず、互いに相手を誤解したまま、二人の奇妙な同棲が始まった…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

oooTOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 新聞を読もう!ooo 将棋好き好き@千葉ooo 山手線で行く!Libraryooo 千葉の事。ooo 住宅ローンのことooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 電子たばこooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 千葉県の自然ooo 夏はプールだ千葉特集ooo ファッション.コレクションooo 板橋LOVEooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo Fight!格闘技オタク!ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo