ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

結婚に向かない女?―ブライダル・ブーケ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブライダルブーケは花嫁の手を離れ、宙に舞った。次の瞬間、三人の女性が同時にブーケを手にしていた。花嫁の継母クレアもそのひとりだった。年の離れた夫が亡くなって二年、まだ三十四歳の未亡人クレアは、ボランティアの仕事をしながら静かに暮らしている。ブーケにまつわる言い伝えなど信じない。私は再婚などしないわ。誰かと親密な関係になることなど考えられないもの。なぜなら…。ところが、義理の妹に頼みこまれてやむを得ず、クレアはアメリカ人男性を下宿させることになってしまった。義妹の夫の上司であるその男性の名はブラッド。だが正式に彼と引き合わされたとき、クレアの顔から血の気が引いた。ブラッドはその日、公園で、強引にクレアの唇を奪った男性だった。

内容(「MARC」データベースより)
花嫁の手を離れたブーケを手にしたクレアは、未亡人の静かな暮らしを送っている。ブーケの迷信を信じない彼女だが、義理の妹に頼まれて下宿させることになった男性と会った時、顔から血の気が引く。〈ソフトカバー〉 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

タンゴは踊れない―プレイボーイの誘惑〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルシールは、三十歳の移転コンサルタント。やりがいのある仕事と快適な住まいを持ち、充実した生活を送っている。だが、横暴だった元夫のせいで極度の男性不信から立ち直れずにいた。つい最近結婚した親友のミッシェルがしきりにデートを勧めるが、その気にはなれない。といって、このまま独りでいるのも寂しい。ある日、そんなルシールの心を刺激する男性が現れた。アパートメントを探してほしいと依頼してきた、プレイボーイで有名な興行プロデューサー、ヴァルだ。最も恋人にしたくない男性だが、とびきりゴージャスなのは間違いない。そのヴァルがルシールをディナーに誘った。彼にとってディナーは、その後のベッドとセットになっているはずだ。いったいなんて返事をしたらいいの?離婚以来初めて、ルシールの心は揺れた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

謎めいた恋人たち―秘められた思い〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
双眼鏡で山小屋の様子をさぐっていた私立探偵のカーラは、低い雷鳴に舌打ちをした。彼女のいる蒲の茂みは死ぬほど蒸し暑く、ハンサムな携帯電話会社の社長イアン・ショーネシーを見張るのは、目の保養になるとはいえ、そろそろ限界だった。もう帰ろう。腹這いになってあとずさりしたカーラは、途中で何かにぶつかった。振り返ると、なんと、ショーネシーが彼女を見おろしている。どうしよう。調査の途中で調査対象に見つかってしまうなんて。「なぜ、ずっと僕を見張っているのか、聞かせてもらおう」。バードウォッチングだととぼける彼女を、ショーネシーは肩に担ぎ上げ、自分のキャビンに連れ込んだ。そして、なおも口を割ろうとしない彼女を縛り上げると、猿ぐつわを噛ませてバスタブに放り込んだ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マコーリィ,バーバラ
これまでにシルエット・シリーズから二十冊以上の作品を出し、そのすべてがウォールデン・ロマンス・ベストセラーリストに載っている。RITA賞候補作にも六度選出された。夫と南カリフォルニアに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

砂漠の王子たち〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『略奪された花嫁』アリナーはパルバン王国の皇太子カビアンの妃として新生活を始めた。だが、陰謀うずまく宮廷で孤立したアリナーは、黙って夫のもとを去るしかなかった。そして、三年余りが過ぎ…。アリナーは外交官のプロポーズを受け、結婚式の開始を待っていた。ところが、現れたのは白いローブ姿のカビアン。彼は有無を言わせずアリナーを引き寄せ、さらっていった。『暗闇のシーク』アンナは交通事故で頭を打ち、記憶障害を起こした。目を覚ましたとき、カリスマ性のある、たくましい男性がそばにいた。「ダーリン!自分の夫くらいは忘れないでくれよ!」夫ですって?私は結婚しているのも忘れてしまったの?混乱する彼女を、その男性は病院から強引に連れ出した。だが、病院から出たとたん、彼の態度が冷ややかなものに変わった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
セラーズ,アレキサンドラ
カナダに生まれ育ち、演劇を学ぶためにロンドンに留学。現在、中央アジアと中東の人々、言葉、宗教、歴史を愛し、ヘブライ語とペルシア語を学び、現在はアラビア語に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時が、ふたりを―未来から来た恋人〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
文化人類学者リバティ・ストーンは、オレゴン州クラマス山地の人里離れた山小屋に、研究論文を執筆するためひとりでこもっていた。ある激しい嵐の夜、空を切り裂くように墜落していく飛行物体を見た。現場に向かったリバティは、奇跡的に助かった男を救い、山小屋へ連れて帰る。しかし…意識をとりもどした彼はショックで記憶を失っていた。断片的によみがえってくる記憶、そして行動は、どこかおかしい。この人はいったい何者?かすかに不安を抱きながらも、リバティは生まれてはじめて感じる熱い思いに心を揺さぶられる。やがて互いにひかれはじめたふたりの前には、運命の偶然がたちはだかっていた。彼は、時をこえてこの世界に投げだされた人間だったのだ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
メリーランド州で育つ。’81年、シルエット・ロマンス「アデリアはいま」でデビュー。’98年に「マクレガーの花婿たち」でニューヨークタイムズ・ベストセラーリスト第一位に輝き、翌年には年間十四作がベストセラーリスト入りを果たすなど記録的な人気と実力を誇っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ムーンライト・ダンス―オハーリー家の物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マディはブロードウェイのミュージカルで活躍するダンサー。新作の稽古に入ったある日、彼女は引ったくりに襲われたところをショーの出資者リード・バレンタインに助けられた。明るく自由奔放なマディと仕事一筋の堅物リード。正反対のふたりだが、初めて会ったときからお互いに強く引かれあう。ひたむきに彼の愛を求めるマディ。かたくなに心を閉ざすリード。ショーの初日が迫っても、ふたりの心は平行線をたどるばかりだ。リードは何かを隠している。そう確信しながらもマディは彼の女性不信の原因をつかみきれない。リードが心の扉を開き、ふたりの愛が実る日は来るのだろうか…。

金曜生まれは愛して施し―あの歌を憶えていたら〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ディスカウント・ショップで買い物をしていたテイラーは、自分の目が信じられずに、立ち尽くした。2年前に死んだはずの恋人が、じっとこちらを見つめているのだ。ディラン…。だがその男性はライアン・ケントと名乗り、テイラーにデイトを申し込んだ。まるで幽霊とデイトするみたいだわ。彼女はためらうが、ライアンの強引さに負け、デイトに応じる。やがて、彼をディランの亡霊としてではなく、ライアンその人として愛し始めたテイラーだが、ふと気がつくと、ライアンは自分については固く口を閉ざしたまま、依然として謎に包まれている。私だけが自分のことを喋っている―彼はほんとうは何者なの。

愛を約束された町〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『ゴーストタウンの薔薇』―外出先からの帰り道で、サヴァンナは車が故障して困っている男性ラレードと出会う。親切心から自分の車に乗せ、仕事にあぶれていると知ると、サヴァンナは彼に庭の手入れを任せることにした。だがラレードの出現で、内気なサヴァンナが変わり始めたころ、ある事件が持ち上がった。『幸運を呼ぶキス』―食料雑貨店を一人で切り盛りするエリーにとって、兄の共同経営者グレンとの友情はずっと心の支えだった。だがある夜、亡き父の思い出にひたっていたとき、グレンにやさしく慰められて思わずキスをかわしてしまう。以来、グレンとの仲がぎくしゃくしはじめたエリーの前に、女たらしで有名なリチャードが現れた。

内容(「MARC」データベースより)
車の故障で困っている男性を助けたサヴァンナは、彼が仕事にあぶれていると知り庭の手入れを任せることに。彼の出現で、内気なサヴァンナが変わり始めた頃…。2000年刊「ゴーストタウンの薔薇」「幸運を呼ぶキス」の合本。

愛の奇跡―炎のハート‐愛と情熱の物語〈6〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジェマがシドニーに来て一年近くになる。捜していた母にも出会え実の父親まで見つかった。巨大なブラックオパール“炎のハート”が彼女のもとにめぐってきたいきさつもわかった。あとはネイサンとの結婚生活を立て直すだけ。ジェマの貞操を疑い、怒りに任せてレイプまがいのことをして以来ネイサンはかたくなに離婚を主張していた。でも彼女自身はすでに夫を許し、離婚する気は毛頭ない。絶対に彼の心をとり戻すわ!あの日、妊娠しているかもしれない。子供ができたら彼とやり直せるはず―それがジェマの計画だった。ネイサンの新作芝居の初日、彼女は自分の姿を改めて見た。襟ぐりの深い赤のドレス…。妻が夫を誘惑してもいいわよね。

危険な恋のドライブ―生涯に一度の愛を〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父の家を出たばかりのヤンシー・ドーキンズは、従兄の仲介で大企業の運転手として働き始めた。ある日、ベンツを走らせていた彼女はガソリン不足に気づき、給油しようと隣の車線を強引に横切った。とたんにクラクションがけたたましく鳴り響き、衝突しかけたアストンマーチンが追いかけてくる。車から降りて無茶な運転を非難する男性に、冷や汗をかきながらも、ヤンシーは言い放った。「何よ、うるさいおじさんね!悪いのはあなたよ」彼は激怒し、あとで話をつけよう、と言い残して立ち去った。次の日、初めて社長室に呼ばれたヤンシーは、仰天した。あ、あなたはきのうの…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スティール,ジェシカ
イングランド中部の田舎に、七人兄弟の六番目に生まれた。公務員として働きながら小説を書き始める。夫の励ましを得て作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]
[三国志・西遊記] [背が縮み始めたら]

oooパチスロ必勝!in千葉市ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 天国的お魚の道@千葉ooo お笑いタレントooo 住宅ローンのことooo 墨田区紀行ooo 山手線で行く!Libraryooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉の事。ooo 巣鴨で散策!ooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 新聞を読もう!ooo うまい米@千葉ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo IIS設定備忘録ooo 千葉の滝さがしドットコムooo リネージュIIクロニクル2ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 鶯谷・うぐいすだにooo