ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

一つの顔、二人の女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
事故で大けがをしたブロンテの顔は天才的な形成外科医の手で美しく作りかえられた。しかし、同じ医師の手術を受けてまったく同じ顔になったモデル、ミスチーフがいた。いったい何のために…。

金曜生まれは愛して施し―あの歌を憶えていたら〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ディスカウント・ショップで買い物をしていたテイラーは、自分の目が信じられずに、立ち尽くした。2年前に死んだはずの恋人が、じっとこちらを見つめているのだ。ディラン…。だがその男性はライアン・ケントと名乗り、テイラーにデイトを申し込んだ。まるで幽霊とデイトするみたいだわ。彼女はためらうが、ライアンの強引さに負け、デイトに応じる。やがて、彼をディランの亡霊としてではなく、ライアンその人として愛し始めたテイラーだが、ふと気がつくと、ライアンは自分については固く口を閉ざしたまま、依然として謎に包まれている。私だけが自分のことを喋っている―彼はほんとうは何者なの。

冬の花嫁たち―『片思いの日々』『ダーリンと呼ばないで』 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『片思いの日々』マチルダは最近、両親とともに小さな村に引っ越してきたばかり。村の診療所が受付係を募集していると聞き、家計を助けようと面接を受けた。運よく採用された彼女の目に、ドクター・ラヴェルは魅力的な男性に映る。実際、ひと目見た瞬間、恋に落ちてしまったのだ。でもわたしは美しくないし、ドクターには婚約者がいるという。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。『ダーリンと呼ばないで』つき合っていた恋人に捨てられ、エイミーの気分はどん底だった。こんな精神状態のまま、個人秘書の仕事がつとまるだろうか。ボスのジェイクの前では精いっぱい隙を見せないようにしないと、プレイボーイで鳴らす彼の犠牲者の一人になりかねない。だが固い決意も虚しく、エイミーはなすすべもなくジェイクの手に落ちた。さらに驚くべき事態が生じる。妊娠を理由に結婚を申し込まれるなんて。

内容(「MARC」データベースより)
村の診療所の受付係に採用されたマチルダは、ドクター・ラヴェルをひと目見た瞬間、恋に落ちてしまった。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ…。「片思いの日々」「ダーリンと呼ばないで」の2編を収録。

火曜生まれは気高く―あの歌を憶えていたら〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“あなたには家族がいるのよ。それもお兄さんが四人に、お姉さんと妹さん。六人もの肉親が…”トレント・エンタープライズ社長の養女として育ったミシェルは、相次いで養父母を亡くすという不幸に見舞われたが、養母の書き残した手紙を読んで、出生の秘密を知ることになった。わたしにきょうだいがいたなんて…。満ち足りた生活を送りながらも、どうしようもない寂しさを感じたことが何度もあった。みんなはわたしのことを憶えているかしら?ミシェルは行方不明のきょうだいを探す決心をし、私立探偵のトニー・ダレッサンドロを訪ねる。が、そこでまさか、彼の黒い瞳や輝くような笑顔に魅せられてしまうとは、思ってもいなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フェリス,ジーナ
アメリカ南部の自然と人をこよなく愛し、作品にもよく盛り込んでいる。ハーレクイン・テンプテーション並びにシルエット・スペシャル・エディションの代表作家の一人で、ジーナ・ウィルキンズ、ジーナ・フェリクス・ウィルキンズという名でも活躍中である。“あの歌を憶えていたら”シリーズのスピンオフが2000年6月と7月(N-821、N-825)にスペシャル・エディションより刊行されます(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛は秘めやかに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『女神の誤算』―戸口に立つ男性を見て、シーリアははっとした。リューク―母と愛人関係にあったライオネル・フリーマンの息子だ。ライオネルは二十年もの間、甘い言葉で母の人生を支配してきたが、先日、自動車事故でこの世を去った。彼の息子がいったいなぜ訪ねてきたのだろう?『仮面のラブゲーム』―二週間後に結婚式を控えたある日、イザベルはフィアンセから突然、婚約破棄を告げられた。両親の悲しむ姿や、結婚式の後始末にもほとほといやけがさし、彼女は南国の楽園に逃れることに決めた。だが、たった一人でそんな場所に行くのは気が進まない。そう思ったとき、イザベルの頭にレイフの顔が浮かんだ。結婚式の写真を撮ってもらう約束をしていたカメラマンだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アラビアの花嫁―華麗なる転身〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
従姉のエリカと同居していたフレディは、遊び回る従姉に代わって、彼女の子ベンの面倒を見てきた。だが、エリカの事故死でそんな暮らしが一変する。フレディはベンを自分の手で育てたいと願うものの、定職を持たないので生計を支える手段がなく、ベンの父親が送ってくる多額の養育費に頼る日々だ。思案に暮れるフレディの前にある日、見知らぬ男性が現れた。クアマール王国の皇太子ジャスパー・フセインなる人物で、ベンの父親の弟だという。「母親失格の君からベンを保護するのが僕の役目だ」驚くフレディに、皇太子は甥を国に連れて帰ると宣言した。わたしをエリカと間違えているんだわ。戸惑いつつも、ベンと別れたくないフレディはある奇策を思いついた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

宝さがしの夜―ロマンス・メーカー〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“フリートウッド家の花”―それは、サラの先祖エメリーナが自分の土地のどこかに埋めた五組のイヤリングだという。ロマンス作家のサラはその伝説の“花”の存在を知ったとき、自分の小説の題材にも使えると、さっそく宝さがしを思いたった。その準備段階として冒険専門家のギデオンという男と文通を始めた彼女は、いつしかイヤリングと彼と自分との間にふしぎな結びつきを感じ、運命的な出会いを期待するようになってしまった。彼の手紙の文面からは突き放した冷たさの反面、誠意も感じられる。ずうずうしいと思いながらも、サラは宝さがしの協力を求めにいきなりギデオンの家を訪ねることに決めた…。

内容(「MARC」データベースより)
ロマンス作家のサラは、先祖が埋めたという「花」の伝説を知り、宝さがしを思い立つ。準備のため、冒険専門家のギデオンという男と文通を始めた彼女は、やがて彼に運命を感じ始める。そして、いきなり彼の家を訪ねるのだが…。

愛の待つ港―恋人はネイビー〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
信じていたフィアンセから一方的に婚約を破棄されたリンディは、傷心を抱いて、兄の住むシアトルにやってきた。つらい過去を忘れ、新しく出直すためだ。兄のスティーヴもルームメイトのラッシュ・キャラハンも海軍士官。二人とも航海に出ていて、アパートは自由に使える。ところが、部屋に落ち着いて二日目、とつぜん兄のルームメイトのラッシュが帰ってきた。空母ミッチェルの故障修理のため、母港にひき返してきたのだ。仕方なく二人は、ぎこちない共同生活を始めることになった。失恋の痛手を負ったリンディと、かつて恋人に裏切られ、女性に不信感を抱いているラッシュ。二人は最初、ささいなことでもぶつかるが、しだいに惹かれ合う。それに気づいたリンディは、自分の気持を彼に素直にぶつけた。しかし、ラッシュはなかなか心を開こうとしない。リンディは失意の反動で自分に好意を持っただけなのだと…。

Book Description
Falling for a man in uniform can be hard . . . New York Times bestselling author Debbie Macomber weaves emotional tales of love and longing. Here is the first of her celebrated NAVY series! Impulsive, wounded, vulnerable, Lindy Kyle was unprepared for a roommate like Rush Callaghan. Strong, sensitive and sexy, the temporarily dry-docked naval officer was everything she'd ever dreamed of in a man . . . in a husband. But Rush placed duty to his country above all else. Though he and Lindy were swept away on a tide of passion, he was called back to sea. They say absence makes the heart grow fonder -- but will their marriage survive their partings?
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

銀色の夜明けに―熱いハートの勇者たち〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「やっとのことでペルーの麻薬組織をつぶしてきたところなんだぜ」安全保障会社『ペルセウス』では、任務終了ごとに休暇が与えられる。それなのに、帰国したジェイクを新しい仕事が待っていた。依頼人の不動産王はなぜか興奮気味に、娘をアマゾンの奥地から連れ戻してほしいと言い張った。誘拐してでもいいから、という言葉に不審なものを感じたが、環境破壊をくいとめるために闘っている娘の話が気に入った。上司は、ものごとに夢中にならないところがジェイクの長所だと言う。だが、彼はインディアンの血を引く娘、シャーに心を奪われていた。勇気ある行動と美貌に導かれ、ジェイクは彼女のもとへ向かう。実際のシャーは写真よりはるかに美しく、毅然としていた。彼女のボディガードとなろう。そう決意したとき、ジェイクは確信した―これは人生の冒険だ。

公妃の憂鬱―ロイヤル・ウェディング〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「噂を封じるためには、君の協力が必要だ」夫であるサン・リナルド公ダミアーノの言葉は、ソフィアの胸に冷酷そのものに響いた。二人の離婚の噂を封じるために、一緒に公の場所に出て、幸せな妻を演じてほしいというのだ。幼いころから思いを寄せていたダミアーノの妻になって三年半。公国の君主として、彼はいつも公務に没頭している。しかも結婚当初から、レディー・フィオナとの関係が噂されていた。夫婦の間にはいさかいが絶えず、八カ月間も別居状態のままだ。夫を愛してはいても、報われない愛にこれ以上心を悩ませたくない。だが、ダミアーノの要求を拒否しようとするソフィアに、彼は、さらに残酷な言葉を浴びせてきた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハワード,ステファニー
スコットランド生まれ。ロンドンに出て経済学を学び、数々の女性誌を舞台に、十年間にわたってジャーナリストとして活躍した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo千葉のちょっといい景色ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo 下町感溢れる足立区を調べるooo 家電、AV機器.コレクションooo ジューシーな肉料理ooo 初心者ゴルファーのゴルフするなら千葉ooo カレー大好きキレンジャー!ooo フード、ドリンク.コレクションooo 山手線エリア~銭湯~ooo 将棋好き好き@千葉ooo もっと知りたい!練馬区ooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo 千葉とんかつooo 葛飾区を知れ!ooo 千葉の道の駅ooo GOGO!江戸川区!ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo