ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

永遠の始まり (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『今度こそ結婚!』―“お父さんが悪い女と結婚しそうだから助けて!”メグは親友の子供たちから急を告げる手紙を受け取った。亡き親友の夫ダスティとメグはかつて深く愛し合ったが、互いの夢が食い違っていたせいで別離を選んだのだった。メグは急いで故郷テキサスに戻り、子供たちの面倒を見たいとダスティに申し出た。だが彼は、自分の妻にならなければそんなことは許さないと言い放つ。『愛が試されるとき』―キットの婚約者レイフは、彼の故郷スペインで結婚式を挙げるため、空港に向かっている途中で事故に遭い、重傷を負ってしまう。レイフはキットと結婚するまでは手術を受けないと言い張り、急遽、アイダホの病院で結婚式が行われた。そして手術は無事成功したが、彼は記憶を失っていた!彼はキットのことも、まったく覚えていなかった。『運命の招待状』―投資顧問会社勤務のベルと大学院生のルークは若くして結婚した。しかし、収入の差や社会的立場の違いから亀裂が生じ、離婚という結末を迎えてしまう。七年後、ベルに送られるはずの姪の結婚式の招待状が、間違ってルークのもとに届けられた。彼が招待状を届けに来たことで二人は再会し、互いの胸の中に昔と変わらぬ情熱の炎が燃えているのを知った。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
サッカー,キャシー・G.
オハイオ州に生まれ育った。マイアミ大学卒業後、幼なじみと結婚。あちこちの州に移り住んだが、現在は夫と三人の子供とともにテキサス州に居を構えている。すでに六十作以上の小説を発表し、ノンフィクションの記事も多数ある。アメリカロマンス作家協会会員

ウィンターズ,レベッカ
アメリカの作家。大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である

ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛の待つ港―恋人はネイビー〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
信じていたフィアンセから一方的に婚約を破棄されたリンディは、傷心を抱いて、兄の住むシアトルにやってきた。つらい過去を忘れ、新しく出直すためだ。兄のスティーヴもルームメイトのラッシュ・キャラハンも海軍士官。二人とも航海に出ていて、アパートは自由に使える。ところが、部屋に落ち着いて二日目、とつぜん兄のルームメイトのラッシュが帰ってきた。空母ミッチェルの故障修理のため、母港にひき返してきたのだ。仕方なく二人は、ぎこちない共同生活を始めることになった。失恋の痛手を負ったリンディと、かつて恋人に裏切られ、女性に不信感を抱いているラッシュ。二人は最初、ささいなことでもぶつかるが、しだいに惹かれ合う。それに気づいたリンディは、自分の気持を彼に素直にぶつけた。しかし、ラッシュはなかなか心を開こうとしない。リンディは失意の反動で自分に好意を持っただけなのだと…。

Book Description
Falling for a man in uniform can be hard . . . New York Times bestselling author Debbie Macomber weaves emotional tales of love and longing. Here is the first of her celebrated NAVY series! Impulsive, wounded, vulnerable, Lindy Kyle was unprepared for a roommate like Rush Callaghan. Strong, sensitive and sexy, the temporarily dry-docked naval officer was everything she'd ever dreamed of in a man . . . in a husband. But Rush placed duty to his country above all else. Though he and Lindy were swept away on a tide of passion, he was called back to sea. They say absence makes the heart grow fonder -- but will their marriage survive their partings?
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

うるわしき姉妹 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『危険な結婚』―「私立探偵を雇って、私を尾行させたの?」シドニーからゴールド・コーストへ逃れてきて数日。アナは突然現れた夫リュークをなじった。幸せだった結婚生活に影が差したのは、夫のかつての愛人セリーンが、再び彼を狙ってあれこれと画策しはじめたからだ。アナは初めのうちこそセリーンを無視していたが、しだいに夫が信じられなくなり、ついに家を飛び出した。『愛の惑い』―ろくでもない夫のせいで男性不信に陥っていたリベカは、離婚して二年がたつ今も、男性を遠ざけていた。二度と恋なんかするものですか!そんな彼女にも、気になる男性が一人いた。一年前にたった一度、熱烈なキスを交わしたジェイス。義兄のいとこで、世界的な大企業の経営者だ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ワイルド・フォレスト (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
わたしにはあなたしかいない!予期せぬ飛行機事故。奇跡的に生き残ったのは心に暗い影を持つ男と光り輝く世界に生きる女。衝突を繰り返しながらも生きるために支えあう二人の運命の行方は…?晩秋の森に突然取り残された、見知らぬ男と女。生きるための戦いが、今はじまった…。

愛の待つ港―恋人はネイビー〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
信じていたフィアンセから一方的に婚約を破棄されたリンディは、傷心を抱いて、兄の住むシアトルにやってきた。つらい過去を忘れ、新しく出直すためだ。兄のスティーヴもルームメイトのラッシュ・キャラハンも海軍士官。二人とも航海に出ていて、アパートは自由に使える。ところが、部屋に落ち着いて二日目、とつぜん兄のルームメイトのラッシュが帰ってきた。空母ミッチェルの故障修理のため、母港にひき返してきたのだ。仕方なく二人は、ぎこちない共同生活を始めることになった。失恋の痛手を負ったリンディと、かつて恋人に裏切られ、女性に不信感を抱いているラッシュ。二人は最初、ささいなことでもぶつかるが、しだいに惹かれ合う。それに気づいたリンディは、自分の気持を彼に素直にぶつけた。しかし、ラッシュはなかなか心を開こうとしない。リンディは失意の反動で自分に好意を持っただけなのだと…。

Book Description
Falling for a man in uniform can be hard . . . New York Times bestselling author Debbie Macomber weaves emotional tales of love and longing. Here is the first of her celebrated NAVY series! Impulsive, wounded, vulnerable, Lindy Kyle was unprepared for a roommate like Rush Callaghan. Strong, sensitive and sexy, the temporarily dry-docked naval officer was everything she'd ever dreamed of in a man . . . in a husband. But Rush placed duty to his country above all else. Though he and Lindy were swept away on a tide of passion, he was called back to sea. They say absence makes the heart grow fonder -- but will their marriage survive their partings?
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

思い出の夏にしないで―スーザン・マレリー傑作集〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
まったく扱いにくい患者ね。看護婦のメリッサは、ベッドの上の包帯姿の男を見つめた。感染症から角膜を傷めて入院しているローガンは、一時的に失明状態に陥った不安から、何かにつけ突っかかってくる。退院後も三週間は住み込み介護の必要があるというのに、“看護婦は無用、自分でやる”の一点張り。メリッサのほうも、その仕事を引き受けるかどうか迷っていた。患者がわからず屋だからではなく、あまりに魅力的だから。何年間もデートもせずに子供の患者ばかり看てきたせいかしら?彼にちょっと触れただけで胸が高鳴り、体が熱くなる。でも、視力が回復して包帯を取る日が来たら…。容姿に自信のないメリッサにとって、それは喜びより苦痛に思える。一方、ローガンのほうは声や香りからいろいろ想像し、メリッサならすべて任せても大丈夫という気持ちになっていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マレリー,スーザン
作家が書くどんな奇抜な作品も、ごく当たり前に受けとめられる土地、南カリフォルニアに住む。つねに人気の高い作家で、大手書店やUSAトゥデイなどのベストセラーリストの常連になっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋をするのが怖い―美しき報復〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベス・ラッセルは中世のたたずまいを残す小さな町で、陶器とクリスタルの店を親友のケリーと共同経営している。彼女は恋人と信じ込んでいた男性の手ひどい裏切りに遭い、心の傷を癒すため、商品の買い付けを兼ねてチェコへ旅立った。プラハで、ベスは同じイギリスから来ていたアレックスと出会い、彼を通訳に雇ってクリスタル工場めぐりを始める。本国で大学教師をしている彼にはチェコ人の血が流れており、クリスタルに造詣が深く、ベスの仕事にあれこれ口をはさんだ。ベスは知的でハンサムなアレックスに魅力を感じていたが、口出しが過ぎる彼に不満を募らせ、ある日、一方的に解雇する。だが、その翌朝、ウエイターになりすました彼がベスの部屋に…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
イギリスの作家。レジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプで、十代の頃からロマンス小説を愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は執筆に専念。イングランド北西部チェシャーの古い館で暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プリンスに片想い―カラメールの恋物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ミシェル王子の許嫁である双子の姉になりすまし、キャロラインはカラメールを訪れた。ふだん着ないようなセクシーな服に身を包み、子供のころから憧れていたミシェルの前に立った彼女は、彼の熱いまなざしにときめかずにはいられなかった。ミシェルが求めているのは私ではないと、キャロラインは自分に言い聞かせながらも、彼と過ごす日々を楽しんでいた。だけど、これはひとときの夢だ。すべてがばれたらミシェルは私を憎むに違いない。そして予想していたよりも早く、その日はやってきた。思いがけないミシェルの言葉とともに。

魔女に恋した夜は―ドノバン一族は魔法使い〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“魔女の木”と呼ばれる大木が静かに倒れた夜、モーガナ・ドノバンはこの世に生まれた。そして二十八年後…モンテレーに魔女がいるという噂を聞きつけて、シナリオライターのナッシュ・カークランドが取材にやってきた。何本かホラー映画をヒットさせた彼は、迷信や言い伝えを使って人々の恐怖心を揺さぶり、怖がらせたり楽しませたりするのが自分の仕事と考えていた。探しあてた女性が経営するクリスタルとハーブの店の名はWICCA―ウィッカとは魔女を意味する古代英語だ。村を駆け回って魔法をかけている老婆の姿が目に浮かぶ。が、やがて彼の前に現れた“魔女”は…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロバーツ,ノーラ
シルエットを代表する作家の一人で、アメリカ・ロマンス作家協会(RWA)の特別会員。幾度もRWAの金賞に輝いている。ニューヨークタイムズ・ベストセラーリストの常連であり、記録的な人気と実力を誇る彼女は、たびたびマスコミに紹介され、広く注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ひそやかなロマンス―マロリー・ラッシュ傑作集〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「コンピューターで結婚相手を探すなんて、人の心をもてあそぶいんちき商売です。私にぴったりの相手は見つけられないでしょ?」グレアム・ルファージが経営する会社に、挑戦状ともとれる痛烈な批判の手紙が届いた―入会申込書つきで。書類を見て、グレアムは驚いた。このクレアという女性は何から何まで僕の理想だ。そこでグレアムはあることを考えついた。“ダニエル”という男性を紹介すると返事をし、“ダニエル”になりすまして彼女とコンピューター通信でデートをするのだ。予想以上に二人の相性はぴったりで、恋はいっきに燃え上がる。まるで実際にデートをしているように…。彼女への思いが募るほど、グレアムの苦悩は深まる一方だった。クレアに会いたい。でも、この顔を見たら彼女は…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラッシュ,マロリー
ハーレクインの作家のなかで、もっとも情熱度の高いストーリーを描き出す一人であり、そのドラマチックな作品は数多くの賞を受賞している。自分が読みたい物語を書く、という考えで旺盛な執筆活動を続ける彼女は、夫と五人の子供たちといっしょにフロリダ州に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

oooパソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 千葉県の施設ooo 千葉の滝さがしドットコムooo -うぐいす谷Guide-ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo あまーい千葉スイーツタワーooo リアクション芸人ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 台東クラブooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 巣鴨で散策!ooo メイドの土産.comooo ~品川の街~ooo ~新宿 Live House~ooo 住宅ローンのことooo ハロー!江東区!ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ひんやりooo レジャー、アウトドア.コレクションooo